保険診療と自由診療

先進医療と混合診療

混合診療が認められている治療の1つに「先進医療」があります。がん保険などでよく耳にするものですね。 先進医療は、将来的には全面的に保険適用することを目標として「評価段階」にある治療法になります。


先進医療は、混合診療が特別に認められている

がん治療などでよく聞く先進医療。一般的には「最先端の治療法」というイメージがありますが、分かりやすくいえば「保険適用にするかどうか検討中の治療法」です。 それを判断するために、基本的にある程度大きな医療機関でのみおこなわれています。

先進医療として認められている治療法としては、たとえば重粒子線や陽子線を使った新しい放射線治療や、各種遺伝子検査、がんワクチン療法などがあります。今後の臨床の中でさらに有用性と安全性が確認されれば、将来的には先進医療からはずれて、保険診療に組み込まれることになります。

もともと日本では、保険診療と自由診療を組み合わせた「混合診療」は禁止されているのですが、国が認めた医療機関で先進医療を受ける場合は、それが特別に認められるのです。たとえば検査にかかる費用は保険適用で、実際の治療は自由診療で、というふうに分けることができます。

こうして患者さんの負担を少しでも減らすことで、より多くの臨床データを集め、いずれ保険診療にするかどうかを判断していきます。


がん保険の「先進医療特約」はつけるべきか否か?

ただし先進医療の中には、とてつもなく高額なものもあります。たとえば重粒子線治療などは、およそ300万円近くかかりますので、よほど資金に余裕のある人しか選択できません。

そんな先進医療の治療費をカバーしてくれるのが、がん保険に見られる「先進医療特約」です。大体、月に100円プラスくらいでつけることができますので、これから新たに加入する人は念のためにつけておいたほうが安心でしょう。

ただしがん保険に入っている人の中で、実際に100万円を超えるような先進医療を受ける人は意外に少ないといわれています。先進医療といっても、重粒子線治療のように高額なものばかりではないからです。 また数年後には保険診療に変わっているものもあるはずですので、実際に先進医療特約が役立つかどうかは分かりません。

ですから既にがん保険に入っている人が、それをいったん解約してまで先進医療特約のついたプランに入り直したほうがいいとは、一概には言えないようです。支払う保険料が高くなることもありますので、どうしても特約をつけたい人は、中途付加できるかどうかをまず調べるようにしてみてください。

中途付加できない場合も、加入中のがん保険を解約するのではなく、減額するなどして先進医療特約のついた新たな保険を追加したほうが、手厚い補償を受けられる可能性があります。 「高額な先進医療を受ける可能性は、意外に低い」ということを覚えておきましょう。