保険診療と自由診療

救急車が有料になる!?

国民皆保険により、誰もが安心して医療を受けることを可能とした日本の健康保険制度では、救急車の出動は原則無料とされています。 しかし、救急車の出動回数は年々増加し、さらにその半数は軽症患者であるとの報告もあります。

使用者のモラルが低下し、不必要に救急車を呼ぶことは、本当に救急の人が利用できないような状況を生み出す可能性もあります。 このため、救急車を一部有料化し、不用意な出動要請を減らそうという動きが出始めています。


救急車は命を守るためのもの

救急車は原則、一刻も早く病院で治療を行わなければ命の危険があるような、重症の患者さんを搬送するためにある車両です。 たとえば息ができなくなるほどの呼吸困難や、突然の昏倒、身体の3分の1に渡るような広範囲のやけど、骨が見えるほどの大きなケガ、交通事故など、自分で病院に移動することが困難で、さらに一刻も早く病院に行く必要がある際には、心強いものとなります。

救急車は「救急患者を運んでいる」という原則があるため、混雑時にもその進路を最優先で確保し、交差点も信号に関係なく通行できます。これは、道路を通行するすべての車両が協力してはじめて可能なのですが、「誰かの命がかかっている」という共通認識があるからこそできることです。

さらに、受け入れ先の病院では、どんなに混雑していても救急車両で搬送された患者を最優先で治療します。これも、「命の危険」が原則であるためです。 しかし近年、患者側のモラルが低下し、明らかに必要ない場合にも手軽に救急車を呼ぶ人が増加しているようです。


救急車を呼ぶあきれた理由

実際にあった救急要請では、

「蚊に刺されてかゆい」
「日焼けがひりひりする」
「紙で指を切った」
「病院でもらった薬がなくなった」
「今日入院予定だから、病院まで連れて行ってもらいたい」
「病院で長く待つのが面倒だから」

などの、あきれた要請理由もあったのだそうです。

実際に、救急車で病院に来た人の半数は、簡単な治療でその日のうちに家に帰されるのだそうで、救急車の意義を理解する人が少なくなっているのではないかと懸念されています。


救急車の出動料金

救急車は、使用者側は無料で使えますが、これは各地方自治体が税金で費用を賄っているためです。 実際には、救急車が一度出動する際のコストは約4万5000円にもなります。

これには、実際に移動するためのコストの他に、病院の移動までの間、生命活動を維持するために使用される高度な医療器具のメンテナンス費用や、訓練を受けた救急隊員を常駐させるためにかかる費用なども含まれるのですが、不必要な出動が増えればさらに多くの車両、人員が必要となり、コストも高くなります。

実際に、車内で治療行為をする必要がないのであれば、むしろタクシーを呼んだ方がずっと安上がりなのです。 これ以上モラルの低い救急車利用が増加すれば、有料化となっても仕方がないと言わざるを得ません。

現在、各病院では軽症であるにも関わらず救急車で搬送されて治療を行った場合、追加料金として「特定療養費」を請求することが認められており、1000円〜9000円の加算料金がかかることがあります。 衆知されていないため、誤解されることもあるようですが、救急車で病院に行くと、高くつく可能性がある、という認識がもっと広まれば、不用意に119番をする人は減少するかもしれませんね。