保険診療と自由診療

自由診療専門歯科ってどんなところ?

自由診療のメニューが多い医療機関といえば、やはり歯科が挙げられます。近年では、自由診療のみを専門とする歯科医院も増えているほどです。 一見するとぜいたくなイメージがあるかもしれませんが、実は自由診療専門歯科には患者さんにとって多くのメリットもあります。


保険診療の歯科は効率重視!?

自由診療専門歯科というと、インプラントやセラミッククラウン、歯列矯正、高度なホワイトニングなどを提供する歯科というイメージがあります。確かにそれらも自由診療のメニューです。 しかし自由診療専門歯科のお医者さんの中には、「保険診療の限界」を悟り、高い志を掲げて開院した人もたくさんいます。

保険診療では、とにかく「対症療法」的な治療が多いのが事実です。予防や口腔ケアに力を入れるよりは「虫歯になってから削って詰め物をする」という繰り返しが基本になります。 その結果、どんどん大切な歯が失われ、ブリッジや入れ歯にせざるを得ない患者さんが後を絶ちません。

特にコンビニよりも歯科医院の数のほうが多い今の日本では、どこも経営を成り立たせるのに「数をこなす」必要があります。1人の患者さんにじっくり時間をかけて向き合い、虫歯にならない方法を指導する余裕などありません。 また口腔ケアよりも虫歯を削るほうがお金になりますので、現状では致し方ないといえるでしょう。

さらに2割ないし3割負担でいつでも治療を受けられる私たち日本人も、「悪くなってから歯科に駆け込む」ことが当たり前になっています。本来はもっと予防に力を入れるべきですが、患者のほうも「痛くなってから行けばいいや」と思ってしまっているため、悪循環が起きているのです。


自由診療専門歯科のメリット

一方、自由診療専門歯科では1人ひとりの患者さんに合わせたオーダーメイド治療が可能になります。詰め物をするにしても、保険適用のように画一的な治療と違い、その患者さんに合った素材を選ぶことができるのです。 もちろん保険適用と違いお金はかかりますが、そのぶん歯科の実入りも多くなりますので、複数の患者さんをベルトコンベア式に忙しく診てまわることもありません。

また予防や口腔ケアにもしっかりと力を入れられる点も、自由診療のメリットです。その場限りの対症療法ではなく、将来なるべく多くの歯を残せるような治療をおこなうことができます。

一見するとセレブが通う歯科というイメージがありますし、実際お金は普通の歯科よりもかかってしまいますが、一生新たに生え変わることのない歯を本当に大切にするためには、実は自由診療のほうが優れているともいえるのです。

何度も歯を削ったり詰めたりしてどんどん歯の本数が失われている人は、余裕さえあれば自由診療の歯科に相談してみることをおすすめします。