保険診療と自由診療

ホクロやアザ、保険診療ができることもある?

ホクロやアザ、イボなどをレーザーで除去する処置は、美容整形の一環として考えられており、「健康保険は使えない」と思っている人が大多数です。

しかし、実際には一概にそうとは言えず、状態や将来的な疑い、あるいはアザやイボの種類によっては健康保険が適用され、3割負担で治療を受けられるケースもあるのです。


健康保険が適用されるホクロとは?

ホクロはメラニン色素を作りだすメラノサイトが密集したもので、通常茶色から茶褐色の点状に皮膚に表れます。 後天性色素班とも呼ばれ、成長するにしたがって濃くなったり新たにできてきたりします。

体のどの部分にもできる可能性がありますが、顔のように一目でわかるところだと、特に年頃の女性は気になるかもしれませんね。 このような場合は、美容外科や皮膚科でレーザーでの除去が可能です。 かつてはメスによる切除が一般的であったためか、保険診療が可能ですが、レーザーを使用する方法はいまだに自由診療扱い。 診察から手術、その後の処置まですべてが自己負担となっています。 しかし、ホクロでもメラノーマや基底細胞がんといった悪性または悪性化する恐れのあるものについては健康保険が適用されます。

最終的には医師の診断に委ねられますが、見るからに形がいびつだったり、色ムラがある、極端に大きいなど「普通と何となく違う」ホクロができたり、急に大きくなってきた…といった症状がある場合は、皮膚科や美容外科を受診してください。 審美的な理由や健康保険の適用うんぬんだけなく、万が一にもメラノーマのように悪性度の高いものであれば早期発見が重要になってくるからです。


アザやイボもこんな場合ならOK

アザはその多くが先天的なもので、生まれた時からあるというケースが大多数。 そのうち、扁平母斑(茶アザ)、異所性蒙古斑(青アザ)、太田母斑(青アザ)、単純性血管腫(赤アザ)については健康保険による治療が可能です。

ただし、症状に応じて使用できるレーザーも決まっていますので、事前によく確認してください。 医療用レーザーによる除去の効果はかなり高く、ほとんどの人は気にならないレベルまで薄くすることができるそうです。

イボは炭酸ガスレーザーを使用する場合にのみ健康保険が適用されます。 最近では従来の液体窒素法と併用しているクリニックも多く、再発しにくいとして支持されています。


皮膚科や美容外科で相談してみよう

気になるホクロやアザ、イボなどは、まず専門の皮膚科や美容外科に相談しましょう。 診察を受ける前にメールや電話での無料相談を受け付けてくれるところもあるので、大いに活用するべきです。 健康保険の使用が可能かどうか、自由診療の場合はどのくらい費用がかかるのかなど、気になる点はきちんと確認してください。

切除後のトラブルやアフターフォローはどの程度まで対応してくれるのか、費用に含まれるかなどもチェックしておくとさらに安心ですね。 そして、必ず複数のクリニックに問い合わせること。

最低でも3カ所くらいを比較検討すると、費用の相場も把握しやすいでしょう。 その上で自分が最も納得できる選択のもと、治療を受けることをお勧めします。 もちろん医師には疑問が解消されるまで説明を求めるようにしてくださいね。