保険診療と自由診療

確定申告で「医療費控除」を受けるには

一年間に医療費が10万円以上かかった場合は、医療費控除が受けられることはよく知られています。 家族全員分が合算できるので、領収書やレシートはまとめて保管しておくとよいでしょう。

しかし、気になるのは「どこまでが医療費控除の対象になるのか?」ということ。 保険診療・自由診療に関わらず、基本的なところはぜひ知っておいてください。


医療費控除とは?

医療費控除とは前年の1月から12月の間に支払った医療費の一部を所得から差し引くことです。 一般的には医療費総額から医療保険などから支払われた保険金と10万円(所得が20万円以下の場合はその5%)を差し引いたものが控除額となります(上限200万円)。

確定申告をすると還付金が出たり住民税が軽減されるケースもあるので、忘れずに行っておきたいものです。


こんな場合に申告できます

例えば、妊婦健診や出産にかかる費用は「病気ではない」という観点から健康保険が適用されませんよね。 検診の度に数千円を支払い、出産・入院となれば現在は40万円以上が必要です。

しかし、出産一時金で補てんしてもさらに10万円以上の赤字となれば、医療費控除が受けられます。 また、歯列矯正も自由診療の代表格ですが、健康上問題があると診断された上でのものであれば控除の対象になります。

その他入院や通院のために使用した公共交通機関の交通費(困難な場合のタクシー代も含む)、医師が治療のために必要と判断した眼鏡やコンタクトレンズ、松葉杖や義肢の購入費、差額ベッド代など。 ポイントとなるのは「医師が治療目的と認めるかどうか」と言えそうですね。


意外?こんなものも控除の対象に

風邪をひいたり胃痛を感じたりした時にドラッグストアで購入した市販薬の代金も医療費とすることができます。 ところがこれが滋養強壮や疲労回復目的の栄養ドリンクになると対象とはなりません。

「これは医療費になるか?」と迷った時に判断の基準となるのは、「治療のためかそうでないか」ということ。 世の中の流れは「予防医学」へと向かっていますが、医療費控除においては残念ながら「予防」は適用されていないのです。

ED(勃起不全)の治療も健康保険が適用されず、自由診療扱いとなっていますが、医療費控除の対象となっていることをご存知ない方が多いようです。

しかしEDもれっきとした疾患ですので、診察を受けたり処方の上バイアグラなど治療薬(ジェネリックも含む)を購入した場合は領収書を保存しておくようにしましょう。


医療費控除のポイント

医療費控除目的での確定申告は、世帯で最も収入の多い人が行うと節税効果が高くなります。 家族全員の分が合算可能なので、合計で10万円を超えれば申告できます。一回当たりの支払いが数千円でも、「チリも積もれば」ではありませんが回数を重ねれば意外とかさんでいるもの。

年明け早々にでもチェックしてみるとよいでしょう。 領収書の貼付が基本ですが、もし紛失してしまった場合でも家計簿などそれに準ずる記録があれば認められることがあります。

また、合計で10万円以上入院費がかかったとしても、例えば支払いが年をまたいで8万円ずつとなれば医療費控除は申告できません。あくまで計算は年単位なので、その点だけは注意しましょう。