保険診療と自由診療

ジェネリック医薬品を処方してもらうためには

薬代を少しでも節約するために有効なのが、ジェネリック医薬品の利用です。しかし、すべての薬にジェネリック品が出ているわけではありませんし、扱っている調剤薬局の数もまだまだ少ないのが現状です。しっかり下調べしましょう。


まずはジェネリック品の有無をリサーチ

現在、継続的に使用している薬があるなら、その薬にジェネリック品が出ているかどうかを調べてみましょう。インターネットには検索できるサイトが多数ありますし、スマホ専用のアプリも登場しています。

ジェネリック品は、先発薬の物質特許(成分特許)が切れていなければ販売されませんので、新しい薬の場合は不可能になります。ただしインターネットで探してみると、ないはずのジェネリック品を見つけることもあるでしょう。それは海外製のはずです。

海外の医薬品は日本で正規に流通しているものではないため、万が一の副作用の際に補償がありませんし、中には偽造品が混じっている可能性もありますのでおすすめできません。 日本で認可されているジェネリック品を活用しましょう。

検索サイトでは、先発薬との薬価も参照することができます。1錠あたりの差額はそれほどではなくても、継続使用するとなると積もり積もって大きな差になるものです。


ジェネリックを扱っている薬局をさがそう

ジェネリック品の出ている薬であれば、医師に切り替えが可能かどうかを尋ねてみましょう。医師によっては先発薬にこだわりをもっている可能性もあるからです。しかし最近では厚生労働省もジェネリック推進に力を入れていますので、それに倣う医師も増えてきました。

処方箋を見て、「後発品への変更不可」にチェックが入っていなければジェネリックへの切り替えが可能です。ただし症状によっては、先発薬を継続使用したほうが良いと判断される場合もありますので、そういう時は医師の指示にしたがいましょう。疑問が残る場合は、一度他の医療機関でセカンドオピニオンを求めてもいいかもしれません。

処方箋を受け取ったら、次はジェネリックを扱う薬局に行くことです。できるだけ店舗面積の大きい薬局のほうが、取り扱っている薬品の種類も豊富でしょう。処方箋を持って行く薬局は、基本的に全国どこでも可ですので、品ぞろえの良い薬局が近くにあれば行きつけにしたいものです。

しかし薬局によっては、近くにある医療機関の科に合った薬をメインに置いているところも多いため、どこでも希望の薬が買えるわけではありません。取り扱いがあるかどうかを事前に確認してみるのも良いでしょう。