保険診療と自由診療

飛行

海外旅行で病院にかかったら?

日本では、保険証を提示すれば全国どこでも3割負担で医療を受けることができますが、海外旅行先ではどうなるのでしょうか?

基本的に何の用意もしていない限り、外国人旅行者の医療費はほとんどの国において全額自己負担となってしまいます。しかし「海外旅行保険」があるほか、健康保険の制度にも海外での医療費をまかなってくれるものがありますので、ぜひ活用しましょう。


海外旅行保険とは?

通常、パックツアーなどで海外旅行に出かける際は、旅行代理店などで民間の海外旅行保険に加入するのが一般的です。一部のツアーには保険が付いているものもありますが、それだけでは十分ではないこともあるため、上乗せ補償として何らかの保険に入るほうが安心です。

期間限定の保険のため掛け捨てになりますが、もしも海外で大事故にあって手術などを受けた場合、数千万の費用を自己負担する可能性があります。縁起の悪い話ですが、万が一死亡して遺体となって帰ってきた時には、その輸送費だけでも数百万はかかるでしょう。 家族のためにも、ぜひ加入することをおすすめします。

また、手持ちのクレジットカードに海外旅行保険が付帯していることもあります。いわゆるゴールドカードクラスになるほど、旅行先での事故や病気、死亡などに対して手厚い保障をしています。クレジットカードをお持ちの人は、ぜひ確認しましょう。


海外療養費制度とは?

日本の健康保険にも、海外の医療機関で支払った費用の一部を給付してもらえる「海外療養費」という制度があります。 海外で受けた治療と同じものを日本で受けたと仮定し、算出された医療費の7割が給付されます。つまり3割負担になるということです。

あくまで日本における医療費をもとに計算しますので、旅行先の国の医療費が高かった場合は負担が大きくなります。たとえば旅行先で20万払ったとしても、日本では10万で受けられる医療であれば、給付されるのは7万になるのです。

逆に旅行先の医療費のほうが低かった場合は、現地で支払った料金の7割が戻ってきます。たとえば日本では10万かかる医療が、旅行先では5万だった場合、給付されるのは35,000円となります。
つまり、海外と日本で医療費が安かったほうの7割が戻ると考えれば良いでしょう。

海外療養費は帰国後、それぞれ加入している保険機関に申請しますが、その際には領収書と診断書が必要になります。旅行先の病院から忘れずに受け取り、持ち帰りましょう。それらの書類に日本語訳をつけて提出すれば、約2ヶ月後に払い戻しされます。
ただしこの制度は、最初から医療目的で渡航した際には適用されません。

海外に行く機会が多い方は、海外旅行保険と療養費制度を上手に使って、万が一の事態に備えましょう。何か起こってからでは保険に入ることはできません。