保険診療と自由診療

海外の医療保険事情

日本では国民皆保険制度を導入していますが、そのシステムは世界からみてもかなり完成度が高いとされ、トップレベルの評価を受けています。2000年には、世界保健機関(WHO)からも世界最高と評されました。
では、海外の医療制度はどのようになっているのかを見てみましょう。


海外の医療制度3つのタイプ

各国の保険制度は、おもに以下の3種類に分かれています。

1.国営医療型
国民からの税金を財源として、公的機関が医療サービスを提供するシステムです。実質、医療費は無料となっている国が多く、代表的な国にイギリスやカナダ、スウェーデンなどがあります。
福祉の観点からみると理想的ですが、その分、税は高いのが特徴です。

2.社会保険型
公的機関や民間機関が混在する、社会保険料を財源としたシステムです。日本もこれに含まれます。
日本以外ではヨーロッパ諸国に多くみられ、日本とほぼ同じ国民皆保険制度となっています。フランスやドイツ、オランダなどが該当します。

ただし、治療を受ける医療機関によって自己負担分が変わる国もあり、日本のように一律ではないことも珍しくありません。

3.市場型
民間機関が医療サービスを提供する形態で、アメリカが代表的です。

アメリカの公的医療制度としては、高齢者層を対象とした「メディケア」と、低所得者もしくは障害者を対象とした「メディケイド」のみとなっており、その他の国民は任意で民間の医療保険に加入する必要があります。しかし実際は、人口の約14パーセントにあたる人が無保険となっているのが現状です。

日本と比べると医療費は高く、そのためアメリカでは「自分の健康は自分で守る」という意識が強い傾向にあります。また医療費を節約するために、ジェネリック医薬品の普及率も約70パーセントと、世界でもトップの水準を保っています。これから先も、バイアグラなど特許切れが起きるメジャー医薬品が控えており、米国のジェネリック市場は安定して成長することが予想されています。


医療費タダの国では病院を選べない!?

国営医療型を展開しているイギリスでは、「国民保健サービス」という公的機関が医療サービスを運営し、国民は基本的に無料で医療を受けられます。

ただし受診できる病院は、あらかじめ指定された「かかりつけ医」のみとなっており、国民が自由に選ぶことはできません。たとえば大学病院などの大きな医療施設での治療が必要な場合には、かかりつけ医の紹介を通して受診することになっています。

イギリスやカナダ、スウェーデンの他、キューバも同じシステムで医療費が無料です。イギリスと同様「かかりつけ医制度」を敷いていますが、国の人口あたりの医師の数は世界一多く、乳幼児の死亡率や平均寿命も世界トップレベルの国として知られています。
がん治療から心臓移植まで、あらゆる医療を無料で受けることができ、多くの国がモデルとしています。