保険診療と自由診療

保険証を紛失した場合はどうしたらいい?

大切な保険証をなくしてしまった場合は、すみやかに再発行の申請をしましょう。また悪用されるのを防止するために、警察に紛失届を出すことも大切です。


まずは悪用防止措置から

最近ではカード型の保険証が増えていますので、お財布ごと落としてしまった場合は保険証も失ってしまうことが多いと思います。 保険証は身分証明書の1つですから、拾った人が悪い人だった場合には、悪用されて消費者金融の利用などの被害に遭ってしまう可能性もゼロではありません。しかもクレジットカードなどと異なり、保険証はストップをかけてもらうことも不可能です。

ですからまずは警察に紛失届を出すことから始めましょう(明らかに盗難にあった場合には盗難届)。届を出していれば、万が一悪用された場合にも免除されることが多いようです。

それでも不安な人は、個人信用情報機関に「本人申告情報」というものを登録するという方法もあります。クレジットカードや消費者金融の審査をおこなう機関に、保険証を紛失した旨を連絡すると、その人の情報で照会依頼が来た時により慎重にチェックしてもらえるのです。

手数料がかかる場合もありますので、まずは個人信用情報機関(CICやJICCなど)に相談してみましょう。


すみやかに再発行の手続きを

このように悪用の防止措置をとったら、再発行の手続きが必要です。保険証のないままでいると、病院にかかった時に全額自己負担になってしまいますので早めに申請しましょう。

国保の人は市区町村の担当課に、会社員の人は会社の担当者に話してみてください。なるべく早く再発行してもらえるはずです。

また万が一、再発行される前に病院にかかることがあれば、その旨を会計の人に伝えましょう。これまでも継続して通院しているなら保険を適用してもらえることが多いと思います。そうでない場合はいったん全額を支払う必要がありますが、再発行されてから保険証を提示すれば、差額は返ってきます。


国内の旅行先で病院にかかる時、保険証を忘れたら?

ちなみに国内の旅行先で病気やケガに見舞われ、病院に行くことになった時、保険証を忘れたということもよくある失敗です。この場合、初めてかかる病院でしょうから、基本的には窓口でいったん全額を支払う必要があります。その後、保険証のコピーなどを送って差額を返してもらうという流れですが、遠方であればあるほど面倒になってしまうのは確かです。

もしくは保険者と連絡がつく状態であれば、病院から直接電話してもらって、番号などを確認してもらうという方法もあります。 いずれにしても病院側にも迷惑なことですので、たとえちょっとした旅行でも、いつ何があるか分からないと思い、保険証だけはいつでも携帯するようにしてください。